児童文化と伝統 (火4)

開講テーマ ― 文化・伝統・歴史の中で伝えられてきた児童文化を考える―
授業
目標
子どもを育てるのは、親だけではなく、地域やその国の文化・伝統・歴史の力によってです。その文化・伝統・歴史の中で伝えられてきた児童文化を、日本だけではなく、ヨーロッパも含めて見直し、さらに未来の児童文化のあり方も含め考えます。
授業
計画

1. 古代の神話・物語 ―古事記・竹取物語などのおもしろさ
2. 中世、近世・江戸の説話 ―御伽草子などのおもしろさ
3. グリムの昔話の深層@。 かえるの王様、鉄のハンスなど。
4. グリムの昔話の深層A。 赤頭巾、ラプンチェルなど。
5. 火と鉄の物語 『もののけ姫』
6. アンデルセンの物語の豊かさ @
7. アンデルセンの物語の豊かさ A
8. 明治の科学読み物、ヴェルヌ。
9. 柳田國男国の昔話、小さきものへの視点
10. ラフカディオ・ハーンの妖怪話など。
11. ディズニーと昔話@  白雪姫・シンデレラ・美女と野獣など。
12. ディズニーとの昔話A 『アナと雪の女王』 など。
13. 宮崎駿と昔話@ 『千と千尋の神隠し』
14. 宮崎駿と昔話A 『もののけ姫』
15. 火から水へ 宮崎駿『崖の上のポニョ』まとめ


授業
方法
授業は原則講義ですすめる。スライド、ビデオを通し、伝統、歴史に迫る。


―2016年度 講義内容(シラバス)より抜粋―