保育学実習 (金5)

開講テーマ ― 幼稚園での保育実習 ―
授業目標 乳幼児の養育・育児について保育実習体験を通して学ぶ。そのための乳幼児の発達の理解と、保育施設の理解を深めるとともに、実習を通して、保育士としての必要な知識、技能、態度を身につける。
授業計画 (1) オリエンテーション 実習直前に、教育実習の意義、目的、心構えなどの諸注意。
(2) オリエンテーション 実習施設で行うことを事前に知るようにつとめる。
(3) 事前指導 保育と遊び
(4) 事前指導 保育と遊び
(5) 事前指導 保育と遊び
(6) 幼稚園での実習
(7) 幼稚園での実習
   (2日間の実習)
(8) 実習報告書、実習簿の記入、提出。
(9) 反省会。レポート作成、反省会で発表する。
(10) 反省会と討論。
(11) 反省会と討論。
(12) 反省会と討論。
(13) 反省会と討論。
(14) 反省会と討論。
(15) 反省会と討論。

授業方法 保育実習施設での2日間の実習指導を受ける。
実習終了後、反省会をし、実習中の経験、学んだことを、発表し討議する。それをレポートに冊子にする。


―2016年度 講義内容(シラバス)より―